ペーパードライバー教習や運転免許失効時は東京のフジドライビングスクール

                                                               公認校と非公認校の違い

                                          東京都鮫洲、府中運転免許試験場の受験に関する警視庁のホームページ  


          



 

携帯用QRコード

予約の変更とキャンセル

当スクールで練習の御予約、お申し込みはメール及び電話にて受付ております。なお予約の変更、キャンセルは前日の午後4時迄に電話またはメールで御連絡頂いた場合とさせて頂きます。これ以降の変更、キャンセルにつきましては恐れ入りますが、練習2時間前までは予約時間分の半額を以降は全額のキャンセル料を頂くこととなります。



最近の試験場情報

府中試験場路上試験車プリウスは当校受験者の感想によりますと、アクセル、ブレーキのかかり始めと、かかり具合に一般車との違いを大きく感じるとの事です。ハイブリッド車、特有の充電装置の癖、もしくはブレーキアシスト装置等の癖も考えられます。

H24、8、24


只今鮫洲試験場の本免許試験予約が大変とり難くなっています。本日当校受講者からの情報によりますと約3週間待ちという事です。お急ぎの方は府中が良いかもしれません

H24、8、17


7月下旬に府中試験場本免許AT試験車にプリウスが導入されました。車両サイズはこれまでの試験車と大きくは変わらないようですが回転半径等はこれまでのシビックハイブレッドより小さくクラウンコンフォートより大きいようです。方向変換、縦列駐車の対策はこれまでと変わらずで理論上は大丈夫のようですが、Aピラーの位置が普通の車と少し違うので目印で挑む場合は注意が必要かもしれません。      

H24.8.10



東京都のフジドライビングスクール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教習所と言えば公認校

最近人気ゆるキャラの登場で非公認という言葉が盛んにマスコミを賑わせていますが、教習所の公認、非公認とは何を意味するのか考えてみたいと思います。一般に教習所というと公安委員会指定教習所、いわゆる公認教習所を思い浮かべます。非公認という名称からも解りますが、公認に非ずと書きますので免許取得の中心は公認校であると言っても過言ではないでしょう。簡単に言うと公認は至れり尽くせりの代わり料金が高いという事で、非公認はすべてが自己責任なので料金が安いという事です。しかしこの自己責任というところを利用して無責任な運営をしている非公認教習所もあるかに聞きますので御注意下さい。

選べる免許取得の方法

日本は自由経済の国家です。免許を取得するにあたっても一つの方法しかないとなると指導法や料金設定などが画一化し独占的になり兼ねません。そこでいくつかの方法を許容していると考えるのが真実に近いと思われます。いろんな意味で安定感がある公認校、多少賭けの要素もある非公認校といったところでしょうか。投資で例えれば金利は低いがリスクの少ない銀行に預けるか、リスクは高いが上手くいけば高い金利が見込める直接投資の株という事になります。

公認校、非公認校の問題点

高齢の方にとっては教習所というと良いイメージを持つ方はほとんどいないと言ってもいいと思います。過去から現在まで指導態度の悪さはインターネットの評判などを見ても公認、非公認に限らず未だ続いているようです。もちろん現在では多くの教習所で改善され、ごく一部の指導者に限られるようです。非公認教習所の問題点はもう一つ、料金と予約にあります。料金が初めの説明のイメージと違う、期限を設定しているのに予約が取れない、などの問題が存在するようです。なかなか合格しないというのもありますが、教習所の責任だけとは言えない事もありこの判断は難しくなります。

非公認教習所を選ぶ際の注意点

初めて免許を取得する方の場合、特別な理由がない限り、基本的に公認校を選ぶのが良いと思います。過去免許を持っていたから、とにかく安ければ良い、公認校に行きたくない理由がある、バイクの免許を持っている、などはっきりとした理由と覚悟のある方、向けと言えます。しかし根性はないけど安いならとか、親切丁寧やさしく教えてくれるならとか、練習が楽しいならとか、結局免許は取れるのならとか、甘い考え方で非公認に入ると途中で嫌になりやめる方の話もたくさんあります。日本人のほとんどが公認校に行くのは周囲からこの噂を耳にしているからなのです。

公認教習所の問題点

公認教習所の問題点は料金の高さと指導態度になります。最近では教官の指名制や拒否ができるところも増えてきましたので入校の際に確認しておくと良いでしょう。一番問題なのは高い料金です。しかし考えようによっては納得もいくのです。運転に関する豊富な知識教育、実践と経験、は非公認ではできない事です。多くの知識を吸収しなければならない初めて運転をする方にはなるべく公認がおすすめです。

信頼できる非公認教習所とは

信頼できる非公認教習所は良い事だではなく悪い情報も伝えてくれるはずです。すべて一回で合格した人の話しだけではなく、8回も受験してやっと合格した人の話しも聞きたいものです。必ずどのスクールにもいるはずですから。料金も早い人は、だけではなく遅い人は何十万円かかったというのも聞きたい情報です。非公認で免許取得すると試験官が警察官だから運転が上手くなるなどという話しで誘うのは、冗談くらいに聞き流して下さい。

教習料金

場内練習(試験場内、教習所内)¥10.000ー (60分)

失効、取り消し、外国免許切り替え試験教習、補習の場内練習料金です。

試験場内練習は¥2200ーを別途試験場にお支払い頂く事になります。

路上練習  ¥11.000ー (90分

失効、取り消し、ペーパードライバー出張教習、補習の路上練習料金です。

本免許路上練習10時限  ¥55.000ー (100分×5回)

失効、取り消し、の路上練習のセット料金ですが、精算は一回ごとです。

延長料金  ¥2000ー  (30分)

試験場内練習を除くすべての練習で御希望により延長ができます。

料金はすべて税込になります。

 

                                  

最近は公認校も検定が厳しい?

昔免許を公認教習所で取得した時は簡単だった。という感想を洩らす方がいらっしゃいますが、試験場程の難易度の高さは無いとはいうものの現在はかつての様ではないようです。確かに当校に補習に来られる方からの情報によりますと何回か検定に失敗した話や、先に進めない話を聞きます。しかしそれなら試験場で受験しても同じではと思われそうですが、運転経験者、もしくはそれなりの覚悟を持って、の方以外にはお奨めできません。

 

非公認教習所は学科教習がない

非公認教習所は低料金が売りのために学科教習をしているところがほとんどありません。自習で試験に臨む事になります。運転経験者には、ただ面倒と思われる学科の授業ですが、初めて免許を取得される方にはそれなりの意味を持ちます。試験場受験は過去に免許の所持経験がある方には向いている方法と言えます。

失効や取り消し、外国での運転経験者は非公認

初めて免許を取得の方は公認校、失効や取り消し、外国での運転経験者は非公認というのが通常の選択と言えます。運転経験者でも運転に自信がなく高額取得も仕方ないという方は公認を、初めて免許を取得するけど一か八か低額取得に挑戦してみたいという方は強く勧めませんが、非公認で挑戦してもいいかもしれません。

免許取得は高額だけに慎重な選択を

免許を取得するのはどの方法でも高額なものです。安易に低額を謳っている非公認に行ったりすると、かえって高額な結果になった話も聞きます。どの教習所も広告では最低の料金を提示していますが、最高額は判らないのです。取得保障もありますが、公認校のシステムはお奨めですが、非公認校の取得保障は期限が短いものが多くお奨めのものは、ありません。リスクを抑えた選択は公認なら取得保障、非公認なら一回ごとの料金のスクールにしたいものです。

 

スクール情報

 

フジ ドライビング スクール

東京都世田谷区千歳台6-16-4

TEL 03-6677-5557

E−mail  fuji-ds@dj.pdx.ne.jp

練習時間 9:00〜22:00 

定休日 なし

休業日 夏季休業日・年末年始

(詳細はお問い合わせください。

Copyright 2004 (C) フジドライビングスクール All Rights Reserved.

単発教習専門一発試験教習所 東京のフジドライビングスクール 世田谷


 免許失効一発試験場受験    出張ペーパードライバー教習東京   免許取り消し一発試験場受験      外国免許切り替え試験教習所     初めての免許